2008年09月30日

心理テスト。

病院から帰ってきたトト(夫)に、どういう診察内容だったのか

聞いてみた。

自分の症状(眠れない、過喚起症候群になった事、頭痛・吐き気)

などを伝え、後は心理テスト?を延々したらしい。

色んな質問の中で興味深かったのは・・

「散歩をしていると、木に何か吊り下がっていました。
 それは、警察に届けなければいけないものです。
 さて、それは何でしょう。。」


というもの。

トト(夫)の答えは『刃物』

刃物と言うと、先生が「もう一度聞きますよ?あせあせ(飛び散る汗)」と言ったらしい。

(先生にとって意外な、聞いた事のない答えだったのか!?)

2度目は、先生が分かりやすいように(?)

「日本刀とか・・刀」と答えたそうです。(^_^;)


私は、家で同じ質問をされて『死体』と答えました・・(^_^;)

ちなみに、義母・義妹Aは、『財布』

義妹@は、私と同じ『死体』だったらしいです。。

後で聞いた話だが、義母と義妹Aの“財布”組で

「死体って・・たらーっ(汗)ゆいちゃん一番ヤバイんじゃない??」

と話したそうです(^_^;)

でも、財布なんて普通吊り下がってないぢゃん!!<`ヘ´>


で、トト(夫)のテストの結果は、80点満点中 76点。

かなりのハイスコアだったみたい。。

かなり重度なので入院しますか?と言われたらしいが、

それは断ったとの事。

安定剤2種類、睡眠剤を飲んで様子を見ることに。。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


↓よかったらポチッとお願いします↓

banner_03.gif

人気ブログランキングへ






posted by ゆいこ at 09:08| 和歌山 ☔| Comment(0) | 病休 @うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

“うつ病”確定。

自分の勤めている病院の精神科へ行ったトト(夫)。
( 精神科はトト(夫)の勤め先(本院)から何キロも離れた所にあり
  別館と呼ばれている )


いくら空いてると言っても、時間かかるのだろうな・・

熱で寝ている長男と「トト(夫)何時に帰ってくるかな」と

言いながら待っていました。


意外に早く、1時間半で帰ってきたトト(夫)

どーだった??と恐る恐る聞くと

「やっぱり鬱だった・・それも重度。(^_^;)
 とりあえず、1ヶ月の長期休暇の診断書いてもらった」

「別館の課長に話したら、課長が人事の方へ診断書ファックスして
 キチンと手続きしてくれると言うのでお願いしてきた」

との事だった。

ホントに本当にホッとした。

重度の鬱と診断されてホッとするのもどうか・・と思うが

「これで、死なずにすむ・・」とマジで思った。


そして、もう1つ心配していた事もクリア。

それは、もし“うつ病”と診断されても

上司 or 人事に報告に行かなければいけない。

でも、ヘルニアで何度も長期休暇取っているトト(夫)が

「また長期休暇お願いします」なんて言い辛いだろうな。

しかも今度の病気の原因は勤務先なんだし・・

「そんな事言うぐらいなら辞める」と言うかも。。

なんて思っていました。


それが、別館の課長さんの配慮で それも難なくクリア。

これが、最初行こうとしていた勤務先以外の病院で診察していたら、

手続き等、全部自分でしなければいけません。。

私の思っていた以上にイイ方向に事が動き出してビックリ!!

そして、今日の神がかりなタイミングに改めてビックリ!!


あの相談所、朝電話して当日に予約が取れるのはスゴイと言われた。
         ↓  ↓
長男の迎え、私が遠くまで外出していたので迎えに行けなかった。
         ↓  ↓
私が迎えに行けなかったので、トト(夫)が急遽休む事になった。
         ↓  ↓
平日休みになったので受診できた
         ↓  ↓
もし最初電話した病院に電話がつながり、そこで受診していたら
休暇届け等の手続きを全部自分でする事になり、
今頃どーなっていたか分からない。
         ↓  ↓
勤務先の病院を受診したので、いろんな事がスムーズに進んだ。



そして、長男の熱はこの後すぐに下がり元気になった。

トト(夫)を受診させる為だけに出たような熱でした。

(長男、去年学校を休んだのは この時だけ!)


ホントに不思議なタイミング(?)で進んだこの日の出来事。。

今思い出してもスゴイ1日(運命の分かれ道)だっだと思うし、

見えない何かに感謝したい気持ちでいっぱいになります。



↓よかったらポチッとお願いします↓

banner_03.gif

人気ブログランキングへ

秋空.JPG
posted by ゆいこ at 09:51| 和歌山 ☁| Comment(0) | うつ病前の色んなコト。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

急展開。

相談所からの帰り道、トト(夫)から電話アリ。

休暇をもらって もう帰ってきている。

長男の事も心配ないから。。との事だった。


家に帰ると、トト(夫)と、熱で横になっている長男が待っていた。

一緒に遅い昼食をとりながら、

トト(夫)に何て言ったら精神科受診してくれるのだろう・・

と色々シュミレーションしていました。


ところが、食事が終わった途端トト(夫)が

「昼から急に休みになったから、精神科受診してみようかな」

と言い出した。

ホントにビックリしました!

数日前、精神科リストは見せたけど、本人“鬱”の自覚がないから

受診させるのは難しいと思っていた。

私は慌てて精神科リストを持ってくる。

トト(夫)がリストを見てココへ行ってみようかな・・

と言ったのは、自分の勤め先とは別の個人病院。

しかし電話するが出ない。。

午後からの診察がまだなのか、休診日か・・。

嗚呼、これで今日の受診は無理か・・バッド(下向き矢印) と諦めた時

“○○別館”(勤務先の精神科。通称別館)へ電話してみる。

と言って電話し始めた。

昔から仲のよい上司が出て

「今ちょうど空いてる。すぐに来て」と言ってくれた。

ホントに有難かったです。


出掛けるトト(夫)に「長期休暇の診断書いてもらってね!グッド(上向き矢印)」と言うと

分かったグッド(上向き矢印)という感じで手を挙げて行った。

その後姿を見ながら、コレで大丈夫!と、なぜか確信した。。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


↓よかったらポチッとお願いします↓

banner_03.gif

人気ブログランキングへ



posted by ゆいこ at 09:10| 和歌山 ☁| Comment(0) | うつ病前の色んなコト。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

相談。

長男の担任の先生から

「熱が38度チョットあります。迎えに来てください」

との電話があった。

今からソッコー帰っても、40分かかる・・。

トト(夫)に電話してみるが、今は出先で帰れないとの事。

最後の手段で、隣に住む義父に電話して小学校へ迎えに行ってもらう


子供を迎えにも行かず、みんなに迷惑をかけて何やってるのかな・・

と思いましたが、「ここまで来たんだから行くしかない!!」と思い

相談所に向かいました。


部屋に入ると60代ぐらいの女性がいました。

(部屋の中には色んなグッズがたくさん置いてあり、

『買ってください!』と言われたらどうしよう・・と思いましたたらーっ(汗)



「相談事はなんですか?」と聞かれ

・ 人事異動後、急に人間不信になり「辞めたい」と言い出した事。

・ このままでは死んでしまいそうな気がして怖い。

・ 辞めていいよと言ってあげた方がいいのか悩んでいる。。

思っている事を伝えました。


名前と生年月日を言った途端・・

「今この人は悪い時期。来月の下旬ぐらいから良くなってくるよ」

「この人は気が小さいから自殺なんて出来ない!!
 辛いけど死にたくないから、今苦しくって もがいている」

「精神科受診した?」と聞くので

「心療内科か精神科受診して欲しいと言っている」と言うと

「診療内科なんて生ぬるい!! 精神科がいい! 
 そしてキツイ安定剤もらって2,3ヶ月長期の休みもらいなさい!
 そしたらだんだん良くなってくる。
 鬱は治ります!!」

目からウロコ・・というか、受診→長期休暇という手があったんだ

と、その時やっと気付きました。

そして、頭のモヤモヤがパッと取れたような気がした。

それから

「アナタ今日来て本当に良かった。今日は“再出発”の日。
 昨日来ていたら60日に1回の悪い日だった・・昨日来ていたら
 治るものも治らない!
 今日はとても善い日なので、鬱もきっと治るよ(^_^)」
(実は↑はリップサービスかな・・と、あまり信用していなかったたらーっ(汗)
 でも、友達に聞くと“悪い日は悪い”って言う人らしい)


「もしご主人が病院へ行ってくれない時は、ウチへ連れて来なさい
 私が上手く言ってあげるから」

30分以上話を聞いてもらい、迷いもなくズバッと言う彼女の話を

聞いたらホントに楽になりました。

そして、数あるグッズの中から私のラッキーカラーの入った

キーホルダーをくれました
(さっきは売りつけられると思ってゴメンナサイ・・あせあせ(飛び散る汗)

「お守りでも何でも、持ってるだけではダメ!!
 いつも目に付く所に吊り下げて、効く!と思わないと叶わない」

との事。(コレは今でも目に付く所に吊ってあります)

そして帰り、部屋のドアが閉まる寸前まで「欝は治るからね!」

と言って送り出してくれました。


『受診して長期休暇』今は このミッションをクリアすることだけ!

長男の事が気になりながらも、帰り道は気分爽快でした。



↓よかったらポチッとお願いします↓

banner_03.gif

人気ブログランキングへ


posted by ゆいこ at 10:43| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病前の色んなコト。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

行動。

トト(夫)が異動して10日。

9回目の結婚記念日も2人で忘れてしまうぐらい落ちていました。

「辞めていいよ」と言ってあげるのが一番と分かっていても

他に何か道はないのかと、ずっと考えていました。


トト(夫)も「辞めたいけど家族の事を考えると辞められない」と

思っていたはず。。


結婚していなければ、トト(夫)も楽に生きられたのかも・・

と、私までネガティブに。(-_-;)


そんな時ふと思い出したのが、1年ほど前に友達から聞いた話。

友達は結婚に至るまでが大変で、悩み事がある度に

ある女性の所へ相談に行っていたとの事。

その女性は、相談者の氏名や生年月日を元に運勢を見る人らしい。

その時その時に的確な事を言ってくれて、友達は円満に結婚できた。

お店を始める人も、店名や開店日などを相談していたし、

職を探していた知り合いも、相談に行って「○月には決まるよ」

と言われ、その通り就職した。

どんな事でも相談にのってくれる人。


この話を思い出した瞬間、「今日行こう!!」と思った。

友達に場所と電話番号を聞く。

何も知らない友達は、最初??な感じだった。

「ダンナが仕事を辞めたいと言っててあせあせ(飛び散る汗)

「このままでは死んでしまうかもバッド(下向き矢印)

「辞めていいよって言ってあげたらいいのか、頑張ろうって言った方がいいのか自分ではもぉ判断できない・・(>_<)」

支離滅裂な説明だったと思う(^_^;)

友達も??ながらも、私の必死(悲壮)な感じは分かったみたいで

「家が分からなかったらいつでも電話して!」

「解決策見つかるといいね。頑張れ!!」と言ってくれた。


電話すると『今日の11時なら空いている』との事。

実は、この日幼稚園のボランティアに行く日だった。

でもコレを逃すといつになるか分からない!と思った私は

急遽友達にボランティアを代わってもらう。


自宅から1時間の所にある相談所。

姉が運転してくれるというので2人で出発。

何でもズバッという人、怒る時は怒る・・と聞いたので

ドキドキしながら向かう。


もうすぐ到着するという所で私のケータイが鳴った。

長男の担任の先生からでした。



↓よかったらポチッとお願いします↓

banner_03.gif

人気ブログランキングへ

posted by ゆいこ at 13:11| 和歌山 🌁| Comment(0) | うつ病前の色んなコト。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

どん底。。

日に日に痩せて顔色が悪くなっていくトト(夫)

「このままではトト(夫)は死ぬ」と思った。


この時やっと私は思い出したのです

数年前トト(夫)の同級生が自殺した時の事を・・

お通夜から帰ってきたトト(夫)に

「仕事で辛くなった時、自殺を考えずに“辞める事”を選択してね」

と、私は言った。

今、彼はその信号を発しているんだ。

このまま放っておいてはダメだ・・

病院を探そう!!

私はパソコンで近くの心療内科,メンタルクリニック,精神科を検索。


田舎なので、数ヶ所。

もちろんトト(夫)の勤め先の病院も含まれる(精神科)


私は病院名を書いたメモをトト(夫)に見せて

「この中のどこか受診してみない?」と言った。

トト(夫)は「仕事休めないから・・」と受診に消極的だった。

「個人病院だと、土曜日も診察してるよ」と、もう一度プッシュ!

「考えておく・・」との返事だけ。


10月6,7日

 私の実家が、お祭りのお宿をする事に。

 準備の為、朝から夜まで実家へ。

 トト(夫)は留守番。

 1日1人で留守番させるのがホントに怖かったです。。

 “死んでたらどーしよう”と、頭をよぎるのは悪いことばかり

 帰宅して部屋のドアを開ける時が一番怖かった。。



10月8日

 トト(夫)、電車で1時間の所へ研修に行く。

 帰宅後トト(夫)が

 「駅のホームで、線路に飛び込んだら楽になるかな」

 「歩道橋の上で、飛び降りたら楽になるかな」と思ったそうだ

※この頃、彼は毎日病院の屋上から飛び降りる夢を見ていました・・。


10月9日

 「今日こそ辞めるって言ってくる!」

 「農業する!!」と言うので、

 私が

 『おじいちゃん(トトの父)に雇ってくれるか聞いてきて!』

 と言うと、その足で隣の家に住む義父の所へ

 しかし、朝早すぎて義父はまだ寝ていたらしい。。

 この日もアクション起こさず。


この時点で私もかなり参っていました。。

トト(夫)の「辞める・辞める」発言に洗脳(?)され、

辞める or 仕事を続ける の2択しかないと思い込んでいました。

1年前ヘルニアで何度も病休したのに、心療内科や精神科受診を

トト(夫)に勧めていたにもかかわらず

“病休”というコトは全く頭になかった。


私もトト(夫)も、この時が一番苦しかったです。


ところが翌々日にミラクルが!!



↓よかったらポチッとお願いします↓

banner_03.gif

人気ブログランキングへ


ラベル:精神科
posted by ゆいこ at 19:37| 和歌山 ☀| Comment(0) | うつ病前の色んなコト。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

異変。

気功へ行くのは止めたけど、行く前と比べるとチョットだけ楽に

なっているように見えました。

でも、家族に心配かけないように黙って耐えていたのかもしれません・・

2005・2006年と、2年連続で子供と一緒に夏休みしたトト(夫)。

2007年の夏休みは順調に仕事に行っていました。

しかし、10月 人事異動の発表があり、トト(夫)は別部署へ行く事に。


・・ここでチョット補足・・

※トト(夫)は総合病院の事務員。

(ヘルニアのオペも勤務先の病院でしました)

事務の中には、医事課や庶務課・管財課・会計課など数課あります。

そして4、5年に一度異動します。
 

※そして新部署の上司Aさんは一匹狼タイプ。

後で人事の人に聞いた話だが、

トト(夫)ならあの人相手でも大丈夫だと思ったらしい。。




10月1日
 
 辞令をもらい、新部署へ挨拶。
 
 帰宅後「やっていけるか不安」と漏らす。


10月2日
 
 上司Aさんと上司Bさんは仲が良くないようで
 
 「あの2人の間に座っているだけで苦痛・・無理かも(-_-;)」

 この時は、異動してすぐなので誰でも不安になる。

 そのうち慣れれば大丈夫だと思っていました。



10月3日

 日に日にやつれていく・・。

 ご飯も食べられず。

 朝抜き、昼おにぎりのみ、夜ビール&何かつまむ程度。

 「辞めたい・・」とマジ顔で言う。

 ワタシ、答えに詰まる。。


10月5日

 トト(夫)は5日で3キロ痩せた。

 慣れれば大丈夫・・と思っていた私も危機を感じる。

 でも、「辞めても大丈夫!」なんて簡単に言えなかった。



10月6日

 「仕事辞めて(親の跡を継いで)農業する」

 「人と喋らなくていい仕事がしたい」

 「今度出勤したら、人事に辞めるって言いに行く・・」


私もホントに悩んだ。。

「辞めてもいいよ(^_^)私がなんとかする!!」

と言ってあげたらトト(夫)が楽になるのは分かってた。

でも、私は専業主婦・・。

「辞めたい」と言うトト(夫)に「私の就職が決まるまで待って」と

言うのが精一杯だった。。
 



↓よかったらポチッとお願いします↓

banner_03.gif

人気ブログランキングへ


ラベル:人事異動
posted by ゆいこ at 20:59| 和歌山 ☀| Comment(0) | うつ病前の色んなコト。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

MRI

※トト(夫)の祖母が入院して何かとバタバタあせあせ(飛び散る汗)

時間がないので、今日見つけたMRI画像でも・・

そんなの見たくないか・・(^_^;) でも載せるグッド(上向き矢印)


MRI4.JPG


トト(夫)は1度だけ周りからすすめられてセカンドオピニオンを受ける(?)ために

別の病院へ行った事がある。

その時にMRI画像をコピーしてもらった。

そして受診後

「ウチではいらないので持って帰ってください」と言われた。

元の病院でも返却不要との事だったので今でも家にある。

捨てるに捨てられないのだ・・。

コレって、一種の記念品なんだろうか(^_^;)




↓よかったらポチッとお願いします↓

banner_03.gif

人気ブログランキングへ


ラベル:MRI
posted by ゆいこ at 15:49| 和歌山 ☀| Comment(0) | うつ病前の色んなコト。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

前兆?3

3度目のオペの後、針治療やマッサージ・・色んなところへ行った。

でも、1番効いた(続いた?)のが“気功”かな。


友達のご主人が、頚椎ヘルニアになり運転も出来なかったのが

気功へ3ヶ月行ったらすっかり治った・・と教えてくれたのだ。


トト(夫)を説得し、気功へ行く事にした。

そして通い始めて3度目ぐらいに効果が出た!

施術後30分ぐらいで痛みは元に戻るものの、

気功をしてる間はウソみたいに痛みが取れたらしい。

気功の先生が言うには

「骨盤がグラグラで安定していない」

「安定すれば痛みは取れる」

との事でした。

私はトト(夫)に頑張って通うように薦めた。


ところが、3ヶ月以上経っても痛みが取れるのは施術中だけ。

トト(夫)が「先生と喋るのが嫌。もう行かない」と言い出した。


私はその頃、ずっと考えていた。

マッサージでは痛みは取れないが

気功だと痛みが取れる。。

気功中、トト(夫)の体内で何が起こっているのか・・

それが分かれば、痛みを取る方法が見つかるかもしれない。


でも、この時全く思いつかなかったんです。。

気功中、先生の言葉を聞いたり、呼吸を整える事によって

催眠状態→リラックス→ストレス軽減→痛みがなくなる

「先生と喋るのが嫌」→→ ウツの症状がジワジワ出ていた


という事を・・。


後に(鬱と分かった時)あの時に「精神科」を思いついていれば・・

と、後悔した。。

でも今は、去年の10月にドカンと症状が出てドカンと長期療養

できたからコレで良かったのかな・・と思っています。


  ・・ドカンと鬱の症状が出るのは半年後・・



↓よかったらポチッとお願いします↓

banner_03.gif

人気ブログランキングへ


posted by ゆいこ at 19:49| 和歌山 ☀| Comment(0) | うつ病前の色んなコト。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

前兆? 2

1ヶ月の自宅療養との診断が下り、休むことになったトト(夫)

休暇中は、痛みはあるものの精神的に楽というのもあってか

安静の方がいいのにゲームをしたり私の買い物について来たり・・。

ちょうど長男のの夏休みと重なったので、夏休みを満喫しましたたらーっ(汗)

1ヶ月休んだ後、良くならなかったけど休んでいられないと言って

復職。また痛みとの戦いでした。


数ヵ月後、医師の異動で主治医が変わる。

今度の医師は1回目の診察で「手術しましょう」とアッサリ言う

タイプでした。

トト(夫)も痛みに耐える限界だったのか、迷わずオペを決意。

本人がその気になっているし、医師も「今より絶対に楽になる!!」

と言うので、私も承諾。

ただ、気になる事が・・

「MRIを見る限りでは、オペをするほど軟骨が出ていない」

「背骨(?)が弓形になっていて、全体で神経を刺激しているのでは」

との事でした。

軟骨が飛び出していない。弓形で全体に押してる・・。

これをどーやってオペで治すの??と疑問があったものの

既に私の口の挟める状態ではなく、あっという間にオペ日決定。


2006年4月・・1回目手術  
 
しかし全く治らず。(痛みも痺れもそのままアリ) 

2006年8月・・2回目手術。

2回目のオペの後、痺れは少々残ってるものの、

ウソみたいに痛みが取れる。

2年連続 親子で長い夏休み。またまた満喫しましたたらーっ(汗)


しかし喜んだのもつかの間・・突然左足全体が痺れ歩けなくなる。

即日MRI 撮影。

「何かが神経におもいっきり突き刺さっている」

「1回目か2回目のオペのあとに出来たカサブタの様なものが、
 なぜか盛り上がってきたのかも・・」

「緊急入院。明日オペします」との事でした。

2006年9月・・選択の余地もなく3度目の手術

3度目の手術はカサブタのような瘢痕を切除しただけなので、

オペ後、腰痛が劇的に治るという事もなかった。


いったい何をすればトト(夫)は楽になるのか・・。

毎日そればかり考えていました。

そんな時、1人のママ友に夫の状態が良くないバッド(下向き矢印)と話す事があった。

その時、その友達の体験談を聞いた

・産後のひだちが悪かったのか、毎月1週間ぐらい原因不明の熱が
 出ていた。

・保母をしていたので具合が悪くても休めず無理に出勤していた。

・無理が続き、鬱状態になった。

・仕事を辞めたら治った。

という話だった。

そして最後に

「痛みを我慢してると“鬱”になるよ・・気をつけて」

と言われた。

この一言を1年後に思い出せた事が、私達にとって

もの凄くラッキーな事だったのです。



↓よかったらポチッとお願いします↓

banner_03.gif

人気ブログランキングへ








ラベル:手術 ヘルニア
posted by ゆいこ at 22:16| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病前の色んなコト。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

前兆? 1

今思うと、トト(夫)が鬱と診断される2年ほど前から

腰の調子が悪かったのも全てストレスが原因だったんだと思います。

前兆というか、あれが鬱のスタートだった気がします。



3年前、常に腰に痛みを感じるようになる。

足の裏の痺れも少しずつ出てきたので整形科を受診。

レントゲンではよく分からないのでMRI撮影。

結果は、ヘルニアまではいかないけど、チョットだけ神経を圧迫して

いるのかも・・との事でした。

痛み止めと痺れ止めを処方される。

薬に頼るのが嫌いなトト(夫)は、最初の頃は

薬を飲んでいなかったと思います。


しかし、悪化。。

痛み止めを飲んでも効かず、毎週のように受診して

注射(ブロック注射)をする事に。

この頃の主治医は

「手術は最終手段。手術なんてしない方がいい!」

との方針の医師でした。


ブロック注射に加え、色んな方法で痛みを取ろうとしましたが

効果がなく、日々痛みとの戦いでした。


この頃は、とにかく毎日辛そうでした。

私の推測ですが、陣痛ぐらいの痛みに24時間休みなしに

耐えているんだろうな・・と思うぐらい。

ホントに辛そうでした。


立ってるのがやっとの状態で毎日仕事に行っていましたが、

とうとうドクターストップ

「1ヶ月の自宅療養を必要とする」との診断が下る。

2005年8月の事でした・・。



↓よかったらポチッとお願いします↓

banner_03.gif

人気ブログランキングへ


posted by ゆいこ at 19:50| 和歌山 ☁| Comment(0) | うつ病前の色んなコト。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめまして。

去年の10月にトト(夫)が、うつ病と診断されました。

あれから1年、

休職→闘病→社会復帰→そして症状も殆んどなくなり、

通院も終わろうか・・という所まできました。


うつ病のトト(夫)との生活を振り返ってみたいと思います。


IMG_2425.jpg







banner_03.gif

人気ブログランキングへ


posted by ゆいこ at 11:08| 和歌山 ☁| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。