2008年11月16日

順調な滑り出し。



・・4月・・

トト(夫)が仕事復帰をして1週間が過ぎました。

本人より私の方がドキドキして過ごしたように思う(^_^;)

具合が悪くなるんじゃないかと心配しましたが、

周囲の方々がとても良くしてくれるので、毎日機嫌で出勤。(^_^)

『朝起きて、出勤が苦にならないのは久しぶり』との事。


こんなに復帰が順調にいったのも、

周りの人々に恵まれていたからだ!と思っています。


病休中に、「書類の手続きで印鑑がいる」と人事課の方に呼ばれた時も

去年から何度も長期休暇を取っているので、謝らなくては・・

と思っていたら、人事の方が先に

「異動させたばかりに こんな事になって本当に申し訳ない・・」

と言い出し、ビックリ&恐縮。。(>_<)

(担当医も言っていたけど)人事異動は“きっかけ”に過ぎない

コチラの方が体調崩して休んでばかりで申し訳ないデス・・と言うと

「そう言ってもらえると有難い・・」とホッとした顔をしていました

そして、色んな手続き・調整など全部しておくから、

何も心配しないで今はゆっくり休んでください。

と、温かい言葉を言ってくれました。


別館(精神病棟)の課長も、

トト(夫)が本院がダメな事を知っていたので

「別館への異動届けを出して、こっちで一緒に仕事しないか?」と

声をかけてくれました。

(復帰に向けて、選択肢が広がりました)


いつもトト(夫)と仲良くしてくれている同じ職場の年上の男性も、

トト(夫)が復帰後、仕事がしやすいように

(『鬱』の人への対応が分からず、変に気を使われないように)

「自分も数年前からうつ病」とカミングアウトしてまで

“うつ病は良くなる”

“うつ病になっても、復帰後は普通に仕事が出来る”
という事を、

みんなにさりげなくアピールしてくれていました。

こういった細かいアピールのお陰で、

復帰後も周りから敬遠される事もなく、

スッとみんなの輪の中に入って行けたのだと思っています。

(中には『普通に接するように上司に言われてる!』とトト(夫)に向かって

 言った人もいたらしいけど・・(^_^;))



そして何より有難かったのは、事務のトップ(私の元上司)が

トト(夫)の診察日に、わざわざ別館(精神科病棟)まで会いに来てくれて

「治るのに何年かかっても、辞めなくていい!!」

「家族が食べていけるだけの給料はこの先ずっと保障する」

「何も心配する事はない、今はゆっくり休め!!」

と言ってくれた事。

それを聞いて、トト(夫)も安心した(気が楽になった)と思う。

そして、私達はホントに恵まれた環境にいるな・・と有難く思いました。


周りの人達の温かさに救われて、今の穏やかな日々がある・・

と心の底から感じています。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
↓よかったらポチッとお願いします↓クリック2.gif

banner_03.gif

人気ブログランキングへ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


posted by ゆいこ at 21:00| 和歌山 ☔| Comment(0) | 復帰 @ うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。