2008年10月20日

年は明けたが、変化ナシ。。



トト(夫)が病院へ行くきっかけ(?)となった相談所。

その相談所の人に

「今年(2007年)は良い年ではないが、11月後半から良くなってくる」

と言われていたので、11月後半から年明けを楽しみにしていた私。

でも、薬は増える一方。 症状に何の変化もなし・・。


最初に主治医から

「3か月で良くなる人もいるし、半年、それ以上かかる人もいる」

と聞いていたので焦りはしなかったけど、

趣味を見つけられないのがイタイな・・と思っていた。


そんな時、またまた義父が動いた。

自宅から100キロ離れた、K市に

私が行った相談所のような所がある。

その人は“霊”とか憑いているのも分かる人らしい。


何もせずに、だだ治るのを待っているというのが出来ないので

一度 話だけでも聞いてくる!と言い出した。

そして、ソッコーにアポを取って数日後、出かけて行った。


帰宅後、義父が言うには

「病院に勤めている者は憑かれ易い」

「でも、本人を見ないと憑いているかどうかは分からないので、

 今度来る時は、本人を連れてきてください」

「今、高野山から良い“気”の流れが来ているので、

 一度先祖供養してみてはどうか?」

など言ってくれたらしい。

この“見える人”というのは、大きな神社の神主の奥さんらしい。

神社の人なのに、「高野山(寺)がいい」と言っていたので、

信じてみる気になった。

今度、高野山で先祖供養してくる!!と、張り切って言った。


そして義父は1週間後、真冬の高野山まで先祖供養に行ってくれた。

(雪が凄かったらしい!!)


私が「却下! 却下!!icon_k_okoru.gif」とばかり言う中で、

義父も何か出来る事はないかと色々考えてくれている。

雪の中、かなり時間がかかったと思う。


やっぱり“親”ってスゴイな・・と思ったし、

遠くまで供養に行ってくれた事には素直に感謝した。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
↓よかったらポチッとお願いします↓クリック2.gif

banner_03.gif

人気ブログランキングへ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


posted by ゆいこ at 13:07| 和歌山 ☀| Comment(0) | 病休 @うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。